モテるためのテクニックを情報発信するブログ。モテる男になるための方法、稼ぐ方法、 恋愛テクニック、恋愛心理学、LINEメールテクニックなどについて情報発信中。

モテる男のバイブル JOEからの伝言

恋愛テクニック

これで成功!恋愛心理学を応用した恋愛テクニック⑤

投稿日:

Pocket

どうも、JOEです。

恋愛心理学を応用した恋愛テクニックの連載シリーズ第5回目です。

今回も2連発で恋愛テクニックをご紹介していきます。

私はこの2つの恋愛テクニックを日常的に使っています。

効果は実証済みです。

とにかく女性の話を聞いてあげる

聞き上手になるともモテます。

女性は自分のことを話したがるものです。

男性よりもこの傾向が強いのです。

自分のことを話すと、だれでも気分は良いものです。

女性は自分の話を聞いてくれる男性に好意を持ちます。シンプルなことです。

だからといって、黙って聞いていればいいというわけありません。

聞き上手になるにもコツがあります。

それは質問の仕方です。

よくやる間違いが、イエス・ノーでしか答えられない質問をしてしまうパターンです。

これでは話がすぐに終わってしまいます。

では、どうすればいいのか?

5W1Hというのを知っていますでしょうか?

これについて質問をすれば、話は展開しやすくなります。

「だれと」「いつ」「どこで」「何を」「なぜ」「どのように」

このいずれかを質問していくと、話はつながっていきます。

例えば、女性が海外旅行へ行く予定があるとします。「いつ行くの?」「何日間行くの?」「どこへ行くの?」「だれと行くの?」など、いくらでも話を広げることができるはずです。

ただし、「なぜ」の質問はひかえた方がいいでしょう。

相手から話してくる場合は別ですが、こちらから質問すると返事に困ることがあるからです。

それから、女性の話にはあいづちを打つのは基本の中の基本。

それを見て女性はより気分が良くなるのですから、やった方がいいに決まってまいす。

さらに高等テクニックとして、あいづちの打ち方を変化させると効果的です。

体や顔の向きを変えたり、視線を動かしたりしてあいづちを打つと、ワンパターンのあいづちにならなくなります。

同じようなあいづちの打ち方をしていると、話をちゃんと聞いてないのかと疑われてしまう可能性があるので注意しましょう。




さりげなく上手に女性をほめる

「女性をほめる」

これは当たり前のようにやっています。

この間もベラルーシの子をスカイプチャットでほめました。

といっても嫌味にならない程度にしておきましたが。

彼女もほめられて、とても気分が良かったようです。

彼女から以下のようなメッセージがバンバン返ってきます。

「はい!頑張ります!褒めてくれて嬉しいです❗」

絵文字もガンガン送ってきますよ。

でも、ほめるにもコツがあって、何でもかんでもほめればいいわけじゃあないんです。

例えば、美人の女性に「きれいですね」と言っても、それほど効果はありません。

これは自分でもわかっているし、普段からよく人に言われるからです。

効果があるのは、

他人は知っているけど女性自身が知らない部分をほめることです。️

自分の気づいていない部分をほめられると人は驚くものです。

これを指摘してくれた人に対しては、特別な感情を抱くようになります。

相手が気づいていない良い部分をほめると、特別な存在として親密になれるのです。

私も使っている恋愛テクニックの1つです。

私はベラルーシ人の女の子に、「あなたの歌声を聴くと、心がふるえるほど感動する」とほめました。

彼女は「そんなこと言われたことがない」と言ってとても喜んでいました。

女性の場合、何か部分的にほめられると効果があるようです。

まとめ

いかがでしょうか。

私も普段から使っている恋愛テクニックを2連発でご紹介しました。

さっそく会話やメールの中で使ってみてくださいね。

健闘を祈ります!

それでは!







-恋愛テクニック
-

Copyright© モテる男のバイブル JOEからの伝言 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.