モテるためのテクニックを情報発信するブログ。モテる男になるための方法、稼ぐ方法、 恋愛テクニック、恋愛心理学、LINEメールテクニックなどについて情報発信中。

モテる男のバイブル JOEからの伝言

稼ぐ 仮想通貨 投資

仮想通貨ニュースです、「インドのオンライン決済大手が仮想通貨取引所を開設」

投稿日:

Pocket

ビットコイン

仮想通貨ニュースです。

 

インドよ、お前もか・・・

 

仮想通貨の普及の波が止まりません。

 

インド大手決済会社が仮想通貨取引所を開設

インド仮想通貨

 

インドのオンライン決済大手にビルデスクという会社があるのですが、ここはインドの国有銀行インドステートやバロータ銀行が積極的に投資していることで有名です。

 

その超有名企業が、コイノミーという仮想通貨取引所を開設しました。

 

これはインドでは衝撃的な出来事だと思います。

 

実質的に国が仮想通貨の取引を認めたようなものなのですから。

 

今後は、インドでも仮想通貨が合法とされ、さらに一般の人へと広がっていくことが予想されます。

 

経済発展が著しいインドなら、市場規模はかなり大きくなるのではないかと予想できます。

 

なお、現在のところコイノミーで取引可能な仮想通貨はビットコインとコインキャッシュだけですが、これから1年ほどの間に取り扱う仮想通貨の数は増やしていくそうです。

 

最終的には20以上の仮想通貨を取り扱うのではないかということです。

 

スタート当初は、ビルデスク社の顧客を中心に仮想通貨の取引を普及させていくみたいです。

 

既存の顧客も今話題の仮想通貨には興味があるでしょうから、急速な広がりを見せるのではないでしょうか。



コイノミー社CEOのコメント

 

コイノミー社のヴィヴェック・スティーブ・フランシスCEOは以下のような発言をしています。

 

「コイノミー社は仮想通貨を広く一般に普及させていきます。インドにはたくさんの仮想通貨取引所があり、インドにおいて仮想通貨がより広まるだけのマーケットは潜在的にあると確信しています。

 

これから1年かけて、人気のある仮想通貨20種類以上の取り扱いをしていき、インド人のユーザーが資産をデジタルで保有する選択肢を提供していきたいと考えています。

 

ビルデスク社が誇る安全なオンライン決済の技術は、コイノミーが仮想通貨取引のプラットフォームとなるため大きく貢献できます。」

 

政府による仮想通貨取引所を封鎖するリスクはある

 

インドの若者や投資家の間ではビットコインに人気がありますが、これには理由があります。

 

2016年の11月に高額紙幣が使えなくなるデノミネーションを行ないました。

 

一般人が保有していた高額紙幣を使えなくして、新しい紙幣を発行して交換するということを中央銀行が行なったのです。

 

インドでは偽造紙幣が多く、税金逃れしている人が多いため、その対策のために行なったとされています。

 

ただ実質的には通貨の切り上げなので、一般の人の保有する通貨の価値は下がってしまいました。

 

2016年にこういうことがあったばかりなので、若者や投資家は中央銀行の発行する通貨を信用していないのです。

 

今のところ、国がいつ仮想通貨を合法とするかはっきりしてませんし、ある日突然、インド国内の仮想通貨取引所を閉鎖するかもしれません。

 

そんなリスクのあるインドですが、近い将来中国を追い抜くほどの経済成長がめざましいインドには潜在的なマーケットがあることはまちがいないでしょう。

 

今後も動向に注目していきたいですね。







 

-稼ぐ, 仮想通貨, 投資
-, , ,

Copyright© モテる男のバイブル JOEからの伝言 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.